武井國夫さんを偲ぶ
 
本会の設立から今日まで特段のご尽力をいただいて来た武井國夫さんが、旧盆を終えた直後の18日、突然ご逝去されました。
 武井さんは、旧田沼町時代の体育協会会長やスポーツ推進委員協議会の会長、スポーツ振興審議会会長を歴任され、体育・スポーツ関係者の中では「会長」と呼称すれば多くの方が「武井國夫さん」を頭に浮かべる程スポーツ関係者の先達・リーダーとして絶大な信頼を寄せ慕って来ました。
 昭和50年(1975年)前後に、全国の自治体でマラソン大会の開催が相次ぎました。栃木県内でも1村を除いた全ての市町村で開催されました。旧田沼町でもそうした気運が高まり、大会を主管する組織づくりが必要になり、「田沼町陸上競技クラブ」が1976年8月に発足しました。そして、第1回町民マラソン大会を1977年2月に開催しました。そうした経緯の中で、佐野高校時代にスプリンターとして活躍した武井國夫さんに初代会長の重責をお願いすることになりました。
 また、1977年4月に近隣住民待望の栃木県立田沼高校が開校しましたが、初代のPTA会長に38歳の若さで就任しています。田沼高校開校当初の環境整備に、初代の校長と二人三脚でご尽力され、玄関前に桜の苗木を植樹したり庭園を整備しました。その田沼高校も今は閉校となって、現在、佐野市の新たなスポーツの聖地として「国際クリケット場」に生まれ変わり整備が進められています。これも武井國夫さんと生涯スポーツ・田沼高校との深いご縁を感じます。
 旧田沼町では、武井國夫さんのリーダーシップの下、体育指導委員(現スポーツ推進委員)や行政関係者、地域の体育協会役員が一体となり、町民レクリェーション大会や町民駅伝、全国どまんなかマラソン大会等の開催など、スポーツの持つ力を存分に集約した街づくりが推進されて来ました。
 そのような中、2005年2月に佐野市と葛生町、田沼町の合併がありました。旧田沼町では、30年余り続いたスポーツ関係者の強い絆の継続を模索する動きがありました。そして、新たな生涯スポーツの推進やスポーツの競技力向上のかたちである「総合型地域スポーツクラブ」創設の気運が高まりました。設立準備委員会の運営や事務局機能の要となるクラブハウスの設置など、武井國夫さんの生涯スポーツに対する理念を次々に具体化させ、佐野市で6番目となる総合型地域スポーツクラブ「たぬまアスレチッククラブ」が2008年2月28日に設立総会を開くに至りました。
 その後もクラブの法人化(NPO法人)やスポーツ振興くじ助成終了後の、安定して自立したクラブの運営等、武井國夫さんの事業家としての経験を活かしたクラブ運営を指揮してくださいました。
 小生が公職を退いたのを機会にクラブ運営のバトンを引き継ぎましたが、心の支えは常に武井会長でした。そのように慕って来た武井会長ご逝去の知らせを受けた時は頭の中が真っ白になってしまいました。
 深い悲しみの中、野辺送りを済ませ、今は武井國夫さんのご冥福をお祈りしつつ、役員・指導者・会員の皆さんと共に手を携え、武井会長からいただいたこれまでの教えを肝に銘じ、TACの発展に全力を尽くしたいと決意しています。合掌
         特定非営利活動法人たぬまアスレチッククラブ理事長 清水武治 
      
            創設10周年記念式典にあたり

 平成20年2月24日に市内6番目の総合型地域スポーツクラブとして発足したクラブが、多くの皆さまのご理解とご協力に支えられ、満10歳になりました。
 平成17年に、子供のスポーツによる居場所づくりとして始まった地域活動ですが、市町合併を契機に、これまで培ってきた地域のスポーツ関係団体や関係者の連携を合併後も継続し、街づくりに活かして行こう。と言う気運の高まりの中、設立準備委員会を発足させ、行政の指導と支援を得て発足しました。
 当初は15種目程のスポーツ教室に500名余が参加していました。(公財)日本体育協会や(公財)日本スポーツ振興センターの「スポーツ振興支援助成」を継続して受託し基盤整備を進めてきました。その結果、現在は25種目700名余の地域スポーツクラブに発展することが出来ました。
 これからも、行政はもとより、施設の指定管理者や各講座の指導者、運営委員など多くの人々との「絆」を大切に、クラブ発足の理念と基本的な方針を忘れることなく、課題に対して柔軟に対応し、「スポーツで地域を元気に」という共通の想いを持ち、気持ち新たに次の10年に向け、力強く第一歩を歩み始めます。
 これからも多くの皆さまのご理解とご支援をお願い申し上げます。

 
      特定非営利活動法人たぬまアスレチッククラブ理事長 清水武治
                                       
〒327-0306
栃木県佐野市戸室町1592-2番地
佐野市田沼グリーンスポーツセンター
電話番号 0283(62)9779    Fax番号 0283(62)8340
メール tanuma-ac@silk.plala.or.jp